屋上緑化
ホーム > 屋上緑化事業 > 屋上緑化FAQ

屋上緑化FAQ

屋上緑化で注意することはなんですか?
A

1.)荷重
屋上では耐荷重が建築基準法にて定められており、人が立ち入れる屋上では地震荷重60kg/㎡以上、大梁荷重130kg/㎡以上、床荷重180kg/㎡以上とされています。屋上緑化を施工する場合、荷重の範囲内で屋上緑化を行う必要があります。弊社工法ではそれぞれの荷重にあわせた緑化を提案できます。

2.)防水
防水が施されている上に緑化する事が基本です。防水に不安がある場合は、防水の手直しや補修も考慮する必要があるでしょう。弊社では防水の相談も受け付けております。

3.)耐根
植物の根は大変強いものです。建物にヒビがあった場合、そこから根が建物に侵入し、そこから漏水する事例もあります。弊社では建物に根が侵入する事を防ぐために耐根シートを使用します。

土壌の形状・重量は?
A

1.)人工土壌
マット状のもので、土厚約50mm、重量約15kg、水を最大限に蓄えても約60kg未満/㎡です。山林において廃棄されている間伐材を再利用した100%自然素材によるエコ製品です。

2.)超軽量土壌
保水力・保肥力に優れた(普通土壌の10倍)超軽量土壌(高原位腐植泥炭)です。土厚約70mmで芝生はもちろん、野菜や樹木までほとんどの植物に対応でき、水を最大限に蓄えても重量約88kg/㎡と軽量です。

建物に影響ありませんか?
A

ありません。逆に、屋上・壁面緑化する事により建物の寿命が延びます。
(直射日光があたらず、温度・湿度が一定に保たれるようになるため)

費用はどれくらいかかりますか?
A

芝の場合1㎡あたり約1万円程度です。(諸経費・荷上げ費・送料別途)
無料でプランニング・御見積もり致します。お気軽にご相談下さい。

工事日数はどれくらいですか?
A

100㎡の芝生緑化施工の場合、約1日程度かかります。
ほか、お気軽にご相談下さい。

メンテナンスは必要ですか?
A

芝の場合、散水・芝刈り・除草が必要です。(追肥の必要はありません)
草花・野菜は植物の選定・追肥が必要になります。セダムの場合は基本的に無管理ですが日照の多い夏は散水が必要です。

維持費はどれくらいかかりますか?
A

施工面積・状況・メンテナンス内容により金額はかわりますので、詳細についてはご相談下さい。

自動灌水システムをつける場合の費用はどれくらいですか?
A

施工面積・状況により金額は変わりますので、見積依頼をお願いします。
ほか、お気軽にご相談下さい。

施工後の育成方法や管理方法など相談する事は出来ますか?
A

はい、できます。
お気軽にお問い合わせ下さい。