屋上緑化
ホーム > 屋上緑化事業 > 屋上緑化施工手順

屋上緑化施工手順

屋上緑化施工手順

スペースに耐根シートを敷き、超軽量土壌を敷き詰め、お好みの植物を植えるだけの簡単な施工方法です。非常に簡単ですので、DIY感覚で、ベランダ、ルーフバルコニーなどでもガーデニングが楽しめます。


芝生の施工

緑化するスペースに防根シート(耐根シート)を敷き、基盤(人工土壌(固形))を敷き詰め、その上に芝生を載せるだけの簡単な屋上緑化工法(施工方法)で緑化が行え、2週間~1ヶ月で芝生が根付きます。

屋上緑化施工-芝生の施工手順

マット植物の施工

マット化(薄層基盤化)した緑化植物を使用し、場所やサイズに合わせて様々な植物の組み合わせが楽しめます。屋上緑化や屋上菜園としても利用の幅が広がります。

マット植物

マット植物とは?
マット植物とは、根がお互い絡み合いマット化(薄層基盤化)した緑化植物を指します。ここで利用しているマット植物は一辺25cmで、縦横4枚ずつ、計16枚並べると1㎡になります。様々な植物の組み合わせが楽しめるため、ガーデニング素材として利用できます。下記はその一例です。

マット植物